「来たバスに乗れ!」で生きてきた人生はどうなる?(by miz_hiro)

とある高専専攻科OBの独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

後輩を指導するということ

詳しい内容は別の機会にしますが、後輩を指導するということほど難しいことはないですね。

後輩に自分だけなめた態度をとられる。たまにあると思います。その時、なめられていない人と自分とでどこが違うのかゆっくり考えるべきです。僕らが教員を厳しい目で見るように、彼らもまた先輩を厳しい目で見るのです。

たとえば研究室。いつも研究している人とほとんど研究していない人、毎日来ている人とほとんど来ない人、研究室の掃除や備品整理を自分からする人とそうでない人、研究に対してアドバイスや質問をする人とそうでない人……。どちらを尊敬しますか?僕は前者の人を慕います。

自分もまだまだですが、こういうこともきちんと考えていきたいものです。やっぱり疎まれるのは嫌ですから。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/21(金) 08:03:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【高専生活を振り返って】 2 未来が変わった高専受験 | ホーム | 【高専生活を振り返って】 1 なぜ高専に入ろうとしたのか?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mizhiro.blog98.fc2.com/tb.php/5-24396b59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。