「来たバスに乗れ!」で生きてきた人生はどうなる?(by miz_hiro)

とある高専専攻科OBの独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京都音博にいってきた!

守山の同期に誘われて、京都音楽博覧会に行ってきました!毎年行きたいとは思っていましたが、なかなか行けず、ようやくの初参戦。
初めての野外フェスでもありましたが、夏フェスの時期よりは遅いので、比較的快適に過ごすことが出来ました。僕はスタンディングゾーンにいることの方が多かったですが、レジャーシートのゾーンでのんびり聴くのもありだなぁとも思ったり。すごくのんびり出来るフェスだなぁと感じました。さて、簡単にレビューを。

木村カエラ
 失礼ながら、「こんなに歌上手かったっけ?」と思ってしまうほど。そして、演奏はくるり!音博はアコースティック主体だから、余計に生歌が重要になってきますね。一番良かったのは、世界で一番好きな曲という「奇跡」(くるりのカバー)。曲数が少なかったのが残念。

ヒトリ・ジャンボリー
 この企画は演奏者がギター一本片手に歌うというスタイル。もちろんコラボもけっこうありました。

吉田省念(くるり)
 dogと青い空の2曲(ちなみに、くるりの『青い空』とは別の曲)。のんびりと聴いていたい曲。くるりとはまた違う一面を見せてくれました。

雅-MIYAVI-
 少し曲を耳にしていた程度でしたが、あの弾き方はやっぱりすごい。曲も聴いてましたが、目はずっと手元のほうを見ていましたw
 途中から、くるりのサポートパーカッションのBOBOさん登場w 言葉に出来ないくらいハイレベルなパフォーマンスが見れました。

小山田壮平(andymori)
 どうもこれ目当てで来ている人も多いようで、andymoriの人気を改めて感じました。僕自身も好きですがw
 ちょっと喉の調子が良くなかったように聴こえましたが、それでも、一人で力強く歌う姿に思わず聞き入ってしまいました。途中から、くるりのファンファンとのコラボで、「ハイウェイ」と「1984」。1984は僕がandymoriを知ったきっかけとなる曲だったこともあって、一番良かったですね。本人の目が潤んでいる様にも見えました。それくらい全力で歌っているんだなと。

岸田繁(くるり)
 ばらの花、沈丁花(坩堝の電圧)、デルタ(魂のゆくえ)の3曲。一番良かったのはデルタ。思わず今日、鴨川デルタまで行ってデルタを聴いてしまうくらい。どれも甲乙つけがたいくらい良かった訳ですが。多くは語りません、というか語れません。


ここで一度レジャーシートゾーンにもどりました。

高橋優
 3曲歌ったのに、2曲目が終わって緊張が解けてきたらしいです。全然感じなかったけど。3曲とも聴いた事のある曲でした。歌詞結構好きかも。

山口洋
 恥ずかしながら全く知りませんでした、ノーマークでした。でも、すごく良かった。向井秀徳が好きなら、多分好きになるはず。
「オレ持ち時間18分なんだけど、時間感覚がないから、時間過ぎて強制退場になったら、温かい目で見送ってください」なんやねんw思わず爆笑しましたw
あと、アコギなんだけど、かなりエフェクトがかかっていて、エレキのような音色。渋い歌声。語るような歌詞。やる気なさそうに弾いているけど、音は本気というギャップ。
今後要チェックだなと(後で調べたら、bankbandとかもカバーするくらいだったという。。。しかも福岡のバンドだし。。。)一番良かったのは「トーキョーシティヒエラルキー」という曲。

ここから再びスタンディングゾーンへ。

ホリエアツシ(ストレイテナー)
 最後のRock steadyがすごく良かった。これまたテナーを知るきっかけの曲ですがwあと、笑顔がすごく印象的。ただ、途中でバックトラックを使って歌ってた曲があって、一度バックトラックが音飛びしちゃったのが、すごく残念でした。。。


後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
 目当ての一つ、ゴッチ!少しキーは下げていましたが、「ソラニン」と「ループ&ループ」、「夜を越えて」。ソラニンは予想の範囲内でしたが、弾き語りでループ&ループをやるとは予想外でした。その後、巷に流れる不仲説を払拭すべく、岸田さん登場(笑) all right part2とハイウェイ。小山田氏のハイウェイもよかったけど、やはりこちらのハイウェイのほうが好みです。

さすがに疲れてラストのくるりまではレジャーシートゾーンへ。
James IHA
 全く知らなくて調べてみると、smashing pumpkinsというオルタナ系のバンドのギタリスト、岸田さんが好きだったから、呼んだそうな。一番良かったのはspeed of loveという曲。


細野晴臣
 さすが細野さん。ベースの響き、渋い声。そして、時々「次はあれをやろうか」といって始めたはずなのに、「そっちやるの?」という謎のつっこみw「まぁ知ってるからやろうか」というある意味?お決まりのくだり。カバーがほとんどで、1曲だけYMO。

くるり
 スタンディングエリアに移動して、聴いていました。「坩堝の電圧」の曲が約半分でしたね。
やっぱり生でのくるりは違うなぁ、いいなあと思ったのですが、特に良かったのは「everybody feels the same」「虹」「crab,reactor,future」「glory days」の4曲。
ユーフォニウムが入っていたので、「crab,reactor,future」は迫力がCDと全然違いました。そして、今のくるりのすべてが詰まっているという「glory days」。ラストを締めくくるにふさわしい曲でした。

 レポにならないレポですが、ここで挙げている曲が流れているとき、僕は大抵身震いを感じました。自分の中で、その身震いが一つの尺度になっています。やっぱり生で聴くのは全然違うし、たまにはライブ行かないとなぁと思いました。そして、やっぱくるりいいなぁ。今度のツアーは岡山公演がないけど、どこか遠出してでも行こうかなと考えています。
 京都からのバスの中でメモがてら適当なライブレポをお送りしましたw



スポンサーサイト
  1. 2012/09/26(水) 22:34:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<間違えたときこそ、分からなかったときこそ、全てはスタートする | ホーム | 高専カンファレンスin松江2に行ってきた!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mizhiro.blog98.fc2.com/tb.php/24-e7e9842b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。