「来たバスに乗れ!」で生きてきた人生はどうなる?(by miz_hiro)

とある高専専攻科OBの独り言。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高専カンファレンスin大阪に行ってきました!

すごく久しぶりの更新ですね。どうもmiz_hiroです。

金曜夜から今日まで大阪に行ってました!

目的は……

「高専カンファレンスin大阪」に参加すること

です!


今までustでしか見たことが無くて、一度は行ってみたい!と思っていて、
遂に実現しました!

でもさ、参加だけすればいいものの、発表まで申し込んじゃってましたw
色々構想があって、作っては止めを繰り返しているうちに、金曜日。

仕事で上司に檄を飛ばされながら、定時でなんとか抜け出して、大阪へ。
今回は青春18きっぷで行ってきました!
社会人なんだから新幹線で行けって?



意外と楽しいもんよ?

大阪駅まで乗り換え2回よ?

意外と座れたよ?

なんといっても安いよ?


まぁ、大阪だとそこまで大きく割り引かれるわけではないけど、
電車乗るの好きだし、のんびり行くのもいいかなって。


大体3時間ほど揺られて大阪に到着。
この時点でスライド出来上がっていません。
ホテルに移動して、晩ごはんを買い込み、
作業開始……


気づいたら寝落ちorz


シャワー&朝食を済ませて、
チェックアウトまでカチャカチャ……
大体終わったかな……というところで、
府立高専へ移動しましたよっと。

京阪電車の中で、

「あっ、データをUSBに入れないと……」

ついでに、スライドをチェック……

「ん?」

「これは飛躍しすぎw」

「図がないと、意味がわからんぞ」

「ちょうど良い図も無いし…… 作るか」

そういう訳で、寝屋川市駅に着いた後、早めのお昼がてら

ケンタッキーでスライド作成したわけですw
(すごくテキトーな図ですみませんでした><)


そんなことをしていると、歩いて高専まで行く気にはならず
バスで府立高専へ……

大阪府立大学高専


実は、母校以外の高専に入るのは初めてでした!

初めてなので、当然交流があるのはtwitterだけだし、その人数も少なかったわけです。
(就職してから、ツイートがさらに激減して><)

元々人見知りなので、もうどうしよっ!+ガチで緊張してたので、かなり挙動不審だったはず……。


本会が始まる前に、@fromatomくんにごあいさつ(京都行ったときはよろしくー!)。


そして、本会スタート。

感想は……

「やっぱりみんな凄いわ!」の一言。プレゼンのレベル高ぇw

特に印象に残ったのは

@xmmmさん、@fist0くんと@Whimsical_Catさんかな。あと、@KeiHotmanBくんも。

1) @xmmmさん
 フェイルセーフの話。仕事で安全をもっとも優先させていることもあって、
 興味深かったです。

2) @fist0くん
 「高専生の生存戦略→他人と違うことをする」これは納得できる。
 個人的には他人と違うことをして成果を残す人っていうのは、他人と同じことも出来る。
 あえてやらないだけ。ということは、普通の人の倍は実力があるってことじゃないかと。
 これからもがんばってほしいなぁ

3) @Whimsical_Catさん
 5W1Hプレゼンでも重要ですね。自分は全然やったなぁ><

4) @KeiHotmanBくん
 いやぁ、冒険お疲れ様です!
 どこからエネルギーが溢れてくるんだろうと思うくらい、エネルギッシュな発表やった。


ustと実際に見るのだと全然違う、そう感じました。
その後の懇親会&二次会では、いろんな方とお話させていただきました。
特に二次会。あの光景を見て安心した。どこの高専もかわらんなぁって。
なんだろう、高専生・高専卒っていうその括りだけで沸いてくる親近感。
やっぱり高専いいなぁ。
二次会の中では、「機械系とか材料系がメインのカンファ」とか「宇宙とかの融合分野のカンファ」
とか出来たら面白いねーという話になりましたw

最後に、自分の話を。
もうね、反省点ばっかりです><

(反省)
1.スライドもっと早く作りなさい!
2.もっとリハやっときなさい!
→時間配分がグダグダですみません><これは完全に自分の不手際というかなんというか。

3.化学屋って色が少し薄かったかな?
→割と一般的な内容で、知ってる人も居たんじゃないかなぁと個人的には感じてます。

(発表してよかったって思ったこと)
4.実はなんとなくでもエネルギーに興味がある人が結構居たこと
5.少しでも関心を持ってもらえたこと
→正直、興味を持って聞いてくれるかなという不安がかなりありました。
 でも、結構興味を持っていただけたかなぁと感じてます。

(これから考えること)
6.ガチ発表っていうスタンスを続けていくかどうか
→これからも高専カンファに参加していこうと思ってます。発表もできたらいいなぁと。
 そこで考えないといけないのは、発表のスタンス。
 より多くの人に興味を持ってもらうためには、そういうのは必須かなぁとも。

 個人的には、じぐそうパパこと@HAL97A12のような感じのプレゼンが一番良いかなぁと思ったりしてます。


最後にtwitter上に出てきた疑問等にお答えしていきます。ツイートだけ抜粋させていただきます。

「北九州高専の専攻科進学率すごいな。2/3とか」
→これは事実です。物質化学工学専攻の同期が22人居ますw
 ちなみに、このテーマでLTしたら需要ありますかね?

「太陽光は単位面積当たりのエネルギー密度がなぁ…火力の1/10000オーダーだから、限界がある。めっちゃ安くできるんならいいけど。」
→ここが鍵です。だから、最後のまとめでコストが一番重要という話をしました。
 よく変換効率にこだわる方がいますが、それは基礎の技術開発までと考えています。いくら効率がよくても
 高かったら、「誰が買うの?」って話になります。
 現に、GaAsという物質を使った太陽電池があって、変換効率は高いですが、コストも高くて、宇宙用に使われて いるのが現状です。

「ちょっと忘れたけど、確か反射しない素材のパネルのが良いという話を聞いたことがある」
→大抵の太陽電池には、反射防止膜というフィルムを貼ることで反射を防いでいます。
 なかなか素材そのものが反射しないというのは難しいみたいですね。

「ベース電力にできない。するなら蓄電技術が発展しないと無理。なにより決定的なエネルギー密度の低さ。」
→今回、基本的には電力供給の主力となりうるかどうかという視点でお話をしてきましたが、
 かなり厳しいのは事実です。ただし、需要の10%をまかなうということは可能かもしれません。

あと、@xmmmさんや@FromAtomくんから「温度特性があると厳しそうだねー」というコメントをいただきました。
結晶系Si太陽電池については、かなり温度特性が出てしまいます。それを抑える+コストダウンのために、今は
薄膜Si系太陽電池というものが出てきてます。結晶系が数百μmのSi層が必要なのに対して、薄膜なら数μmまで
抑えられる。また、結晶系に比べて温度依存性が小さいなどという特徴があります。


長々となりましたが、これくらいにしておきます。もっと知りたい方は、ぐぐってみてください。
もちろん、ボクに質問していただいても、可能な限りお答えします。

最後に、実行委員長@umr00さんをはじめとしたカンファ実行委員の皆さん、そして、プレゼンを聞いていただいた会場&ustの皆さん、どうもありがとうございました!


















スポンサーサイト
  1. 2011/08/29(月) 03:41:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。